あと 82日14時間3分52秒

米軍需株が急落、米朝会談で東アジアの緊張緩和観測


▼ページ最下部
001 2018/06/14(木) 11:37:47 ID:w/iKHk04zw
米朝首脳会談を受けた12日の米国株式市場では、軍需関連株が急落した。ミサイル防衛システムを手がける米ロッキード・マーチン株は一時、前日比3%安となり、
5月4日以来、約1カ月ぶりの安値をつけた。米朝の両首脳が「完全非核化」に取り組むことを確認。東アジア情勢の緊張緩和で武器の需要が伸びないとの思惑が働いた。
 12日はロッキード社に加え、ミサイル製造の米レイセオン株が同3%安、爆撃機などを手がける米ノースロップ・グラマン株が同2%安で取引を終えた。
米軍需関連株は地政学リスクを巡る思惑で動きやすく、5月24日にトランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)氏との会談を中止すると公表した際は、軒並み上昇していた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31695700T10C18A6000000/

返信する

002 2018/06/14(木) 15:20:02 ID:NQVd7yn3NU
投資家もバカだな〜
あの国が約束果たす訳ないのに
逆に緊張100倍になってると俺は予想

返信する

003 2018/06/16(土) 17:28:11 ID:aH.xJ.RYPE
ミサイルを撃ってもらえなくなるから
批判そらしが大変になるね

返信する

004 2018/06/20(水) 22:28:56 ID:akjbZwvTcI
下がった株を北朝鮮が買う。
米朝関係を悪くして株価が上がれば売却。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:4 削除レス数:





ニュース経済掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:米軍需株が急落、米朝会談で東アジアの緊張緩和観測

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)